最新情報
FMとやまの新着インフォメーション一覧です。
番組の最新情報や楽しいイベント情報などとっておきの情報が満載!
プレゼント応募・イベント参加申込 番組のお知らせ ライブ情報 その他
 
2018/01/17 (水)
  • 1月17日のキノコレ

  • 1月17日のキノコレ

1月17日のキノコレ[grace]

★☆★★☆★  1月17日の 『キノコレ』  ★☆★★☆★  

「キノコレ」は、毎月・第1&第3水曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。

今週は、紀伊國屋書店富山店  奥野晃英さん  からオススメの本をご紹介いただきます。


*** 


夏の祈りは/須賀しのぶ

寒い日が続き、大雪にも見舞われましたが、
そんな寒さを吹き飛ばす熱い熱い作品を敢えてご紹介します。

当店文庫担当の一推し作家さんの作品でもある本日の作品は、
高校球児たちの涙と友情の物語、須賀しのぶさんの『夏の祈りは』です。

舞台は文武両道を掲げる、県立北園高校の野球部。

今から30年前の昭和63年、悲願の甲子園出場を賭けた準決勝の試合から始まります。

北園高校野球部にとって、
さらに時を遡る事30年前、惜しくも準優勝を飾って以来、
甲子園出場は悲願とされてきました。

主将の香山は、その期待を背負い準決勝のグラウンドに立ちます。

他にも、理論派のエースと天才肌の剛腕を擁した年、
中学で将来を嘱望された主砲とよく気の利く女子マネージャーがいた年、
そして、「ハズレ」と期待もされない年など、
時代は移り、環境も変わり、部員も入れ替わっていく中で
先輩から後輩へと託されてきた「夏の祈り」は果たして叶うのでしょうか。

球児たちの春はもう少し、そして夏はまだ遥か先ですが、
今この時も一生懸命、その季節を目指している彼らに思いを馳せる1冊『夏の祈りは』。

当店、文庫話題書のコーナーで展開しておりますので、是非ご覧下さい。


***


広辞苑 第七版

続きまして、今年最初の目玉となる1冊のご紹介です。

その1冊は、10年ぶりの改訂という事で、大きな注目を浴びている『広辞苑 第七版』。

紀伊國屋書店富山店でも大きく展開しております。

第七版は、前回の第六版の刊行後の10年の間に定着した新しい言葉、約10000語を収録。
総項目数は約25万語となっております。

新たに収録された「東日本大震災」のような本当に大きな事例から
普段から使う「上から目線」「がっつり」のような言葉まで、
難語から日常会話、日本語を網羅する辞典『広辞苑』。

是非この機会にお求めください。

いまなら、普通版が本体価格9000円のところを8500円、
分冊化されている机上版は14000円のところを13000円の特別価格でご購入頂けます。

また、無料で配送も承っておりますので、
そちらもお気軽にスタッフにお申し付け下さい。

『広辞苑 第七版』は、
当店Aカウンター横のテーブル、及びBカウンター前のテーブルで大きく展開しております。

是非、一度そのボリュームに触れて見て下さい。


***

 
紀伊国屋書店富山店  

住所: 富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
電話番号: 076-491-7031  
営業時間: 10:00〜20:00  

HP http://www.kinokuniya.co.jp/store/Toyama-Store/

※今月の店休日  1月24日(水)
 

grace
月曜〜木曜 13:30〜15:50
 
 
radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら