最新情報
FMとやまの新着インフォメーション一覧です。
番組の最新情報や楽しいイベント情報などとっておきの情報が満載!
プレゼント応募・イベント参加申込 番組のお知らせ ライブ情報 その他
 
2018/08/01 (水)
  • 8月1日のキノコレ

  • 8月1日のキノコレ

8月1日のキノコレ[grace]
 

★☆★★☆★  8月1日の 『キノコレ』  ★☆★★☆★  

「キノコレ」は、毎月・第1&第3水曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。

今週は、紀伊國屋書店富山店  奥野晃英さん  からオススメの本&イベントをご紹介いただきます。

***

『ファーストラブ』

去る7/18、第159回直木賞、芥川賞の発表がありました。

直木賞島本理生さんの『ファーストラヴ』
芥川賞高橋弘希さんの『送り火』がそれぞれ受賞しました。

今回は、直木賞受賞作、島本理生さんの『ファーストラヴ』をご紹介します。

著者の島本理生さんは、35歳。
芥川賞、直木賞を始め、本屋大賞に何度もノミネートされていらっしゃる実力派の作家さんです。
代表作は、『ナラタージュ』『アンダスタンド・メイビー』『リトル・バイ・リトル』等、多数ございます。

ある夏の日、血まみれの姿で歩いていた女子大生、聖山環菜は殺人容疑で逮捕されます。
包丁で刺され死亡したのは、彼女の父親で画家の聖山那雄人。

その美貌から「美し過ぎる殺人犯」などと報道された環菜は、逮捕直後に言い放ちます。

-「動機はそちらで見つけてください」

主人公、臨床心理士の真壁由紀は、この事件に関するノンフィクションの執筆を依頼され、
環菜の弁護人となった義弟とともに、父親殺しの動機と真実への手がかりを追っていきます。

極上のミステリーであると同時に、
家族という枠組みの貴重さと、その反面の怖さがこの作品のキモでしょう。

容疑者である環菜は勿論、主人公真壁由紀、そして相棒役、義弟の庵野迦葉(あんのかしょう)にも
物語が進むにつれて、家族というキーワードがチラつきます。

家族に言いたいことは、ありませんか?
言えないことは、ありませんか?

本作、第159回直木賞受賞作、島本理生さんの『ファーストラヴ』は、
芥川賞受賞作、高橋弘希さんの『送り火』ともに
当店中央Aカウンター横のテーブルにて大きく展開しております。

***

<紀伊國屋書店富山店からのお知らせ>

ミヤサカカズヒデさんのトークショー&ワークショップ

8/12(日)14時から魚津市在住の絵本作家、ミヤサカカズヒデさんのトークショーと
代表作の迷路絵本『ホネホネボンボン』をお子さんと一緒に楽めるワークショップを開催します。

ミヤサカさんはテレビのアニメーション制作などにも携わっている実力派の絵本作家さんです。

イベントには無料で参加できます。
親子での夏休みの思い出作りに如何でしょうか。

***
 
紀伊国屋書店富山店  

住所: 富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
電話番号:  076-491-7031  
営業時間:: 10:00〜20:00  

HP http://www.kinokuniya.co.jp/store/Toyama-Store/

※今月の店休日: 8月29日(水)

 

grace
月曜〜木曜 13:30〜15:50
 
 
radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら