最新情報
FMとやまの新着インフォメーション一覧です。
番組の最新情報や楽しいイベント情報などとっておきの情報が満載!
プレゼント応募・イベント参加申込 番組のお知らせ ライブ情報 その他
 
2019/04/17 (水)
  • 4月17日のキノコレ

  • 4月17日のキノコレ

4月17日のキノコレ[grace]

★☆★★☆★  4月17日の 『キノコレ』  ★☆★★☆★  

「キノコレ」は、毎月・第1&第3水曜の13:45〜『grace』の中でお送りしています。

今週は、紀伊國屋書店富山店  奥野晃英さん  からオススメの本&フェアをご紹介いただきます。

*** 

思わず考えちゃう

本日ご紹介する書籍は、
ユーモラスで、それでいて大人も思わずクスりとするシュールな作風が魅力の絵本作家、
ヨシタケシンスケさんのエッセイ『思わず考えちゃう』です。

ヨシタケさんが「いつも描いているスケッチ」の解説が本書とのこと。
スケジュール帳の半分をメモ代わりに「思わず考えちゃったこと」をスケッチに描き留めて、
講演や何やで使っているとの事。

そこで一言、

-そもそも「いつも描いているスケッチ」って何だって話ですよね。

と、文中でも自分にツッコミを入れる辺り、実にヨシタケさんらしいなと思いました。
一つ一つのスケッチに対して、
その時ヨシタケさんが感じた事、思いついたヒラメキなどが、
思うままに書き連ねてあります。

-ききうでのつめは切りにくい。

爪切りのイラストに添えられた一文です。

利き腕は何でも出来るけど、利き腕の爪を切る時は使えない。
近過ぎるからこそ出来ない事って、あるんじゃないの、というヨシタケさんからの問題提起です。

ふむふむ、確かに言われてみれば。

普通の生活の中でも、こういう何気無い気づきってあるのだけれど、
我々はそのままスーッと忘れていく。
ヨシタケさんは、それを一つ一つイラストに残して、再確認させてくれているのかな、と思いました。

ヨシタケさんのエッセンスが凝縮された1冊、
『思わず考えちゃう』は、当店、文学新刊台にて展開しております。
是非ご覧下さいませ。

***

<紀伊國屋書店富山店からのお知らせ>

本屋大賞フェア

まず、先日発表されました「本屋大賞」のフェアを
Aカウンター前、文学コーナーの特設台で展開しております。

先日、平成最後の年に書店員自身が自分で読んで
「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本に
瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』が選ばれました。

紀伊國屋書店スタッフからの公募で選ばれる「キノベス!2019」でも、堂々の1位を飾った本作。

ラジオでも紹介し、私自身、物語の爽やかさと優しさに感じるところが多かった1冊です。

フェア台では、大賞受賞作の『そして、バトンは渡された』を始め、
ノミネートされた作品も一緒に展開しております。

惜しくも受賞を逃した作品にも
平成最後の年を飾るにふさわしい魅力的な作品が揃っております。
是非ご覧下さいませ。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

***
 
紀伊国屋書店富山店  

住所: 富山市総曲輪、総曲輪フェリオ7F   
電話番号:  076-491-7031  
営業時間: 10:00〜20:00  
店休日:   4月は無し


HP http://www.kinokuniya.co.jp/store/Toyama-Store/
 

grace
月曜〜木曜 13:30-15:50
 
 
radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら