MUSIC

FMとやまが推薦するホットな楽曲を毎月ご紹介します。
ラジオで流れていたあの曲の情報はココでチェック!
 
RECOMMEND
  Theo Croker(シオ・クローカー)
  SOMETHIN' featuring EGO ELLA MAY(サムシング feat. エゴ・エラ・メイ)
  洋楽
  アルバム
  アルバム「ラブ・クォンタム」
  2022.07.20
  https://www.sonymusic.co.jp/artist/theocroker/
 
トランペッター、コンポーザー、そしてプロデューサーとして次世代ジャズ・シーンで活躍する精鋭シオ・クローカー。

2007年デビューから通算7枚目のフル・アルバムとなる「ラブ・クォンタム」のテーマは、愛。

友人、パートナー、家族、自分自身や人生への愛といった様々な愛が語られる。

アルバムにはゲイリー・バーツ、ワイクリフ・ジョン、ジル・スコット、エゴ・エラ・メイ、クリス・デイヴ、カッサ・オーバーオール等が参加している。

アートワークは2021年9月発表の前作『ブラック2ライフ||ア・フューチャー・パスト』に続き、青山トキオ氏が手がけている。

アルバム・リリースにともない、6月24日にはソルトレイク・シティのユタ・アーツ・フェスティヴァル、6月27,28,29日にはニューヨークBlue Note Jazz Club、8月14日はLAでゲイリー・バーツとJazz is Dead 公演が予定されている。
 
 
RECOMMEND
  KOKOROKO(ココロコ)
  AGE  OF ASECENT(エイジ・オブ・アセント)
  洋楽
  アルバム
  アルバム「COULD WE BE MORE」
  2022.08.05
  BEATINK.COM / Could We Be More
 
20220年夏のサマー・アンセムになりそうな1曲。
夏の夕暮れが似合います。
 
ロンドンを拠点とする8人組バンド、ココロコ(Kokoroko)。

2020年にアーバン・ミュージック・アワーズで「ベスト・グループ賞」を獲得、グラストンベリー・フェスティヴァルやメルトダウン・フェスティヴァルをはじめとする多くのフェスでパフォーマンスが絶賛され雑誌「Loud & Quiet」、「Rolling Stone」、
「Crack」、「Clash」など様々な海外メディアで高評価を受ける。

待望のデビュー・アルバム『Could We Be More』をジャイルス・ピーターソン率いる〈Brownswood Recordings〉より8/5にリリース。

アルバムはアフロビート、ハイライフ、ソウル、ファンクの間を巧みに行き来する15曲。ウエスト・アフリカンやカリブ海という、バンドのメンバー達が育った地域に根ざした音楽からも多大な影響を受け、インスピレーションを得ている。
 
 
 
RECOMMEND
  TOMOO(トモオ)
  「オセロ」
  邦楽
  Digital Single
  『オセロ』
  2022.08.03
  https://www.tomoo.jp/
 
1995年生まれ、東京出身。
瑞々しい情景描写、溢れ出る感情を表現する歌詞が魅力。ステージに上がるとたちまち目を引く存在感と、ハッとする唯一無二の歌声が人々を魅了するシンガーソングライター。
6歳よりピアノを始める。父親の影響でコード弾きをはじめ、聴いたことがない楽曲の歌詞に自分でメロディーをつけて歌っていたことをきっかけに作曲を始める。中学に入りオリジナル曲の制作を開始。高校時代にはYAMAHA主催の『The 6th Music Revolution』ジャパンファイナル進出、その後本格的に音楽活動をスタートさせる。
2021年7月開催「TOMOO one-man live“SPIRAL”」、2022年2月開催「TOMOO one-man live“YOU YOU”」は即日ソールドアウト。
今作がメジャー第一弾リリース。
 
RECOMMEND
  ao(アオ)
  「チェンジ」
  邦楽
  Digital Single
  『チェンジ』
  2022.08.03
  https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026797.html
 
高校1年生、16歳。ただ歌うことが好きだったaoが、小学6年生の時に初めて出演したオーディションで、その才能を見出される。
2020年9月に「no THANKYOU」を自主配信、2021年9月に「Tag」でメジャーデビュー、同年11月には「you too」と、自身の作詞作曲による3曲をリリース。
2022年1月にはSpotifyが選ぶ2022年に活躍を期待する次世代アーティスト「RADAR:Early Nopise 2022」に選出。そして2022年3月には小学6年生からの4年間で制作した楽曲を収録した1st EP「LOOK」をリリース。2022年5月には、TOKIO TOKYOにて初ライブを開催。2022年6月Digital Single「リップル」を、そして8月3日にはYouTube映画「チェンジ」の主題歌となる「チェンジ」をリリース。
唯一無二の声で全てを表現していくaoが紡ぐ音楽は、流行に捉われることなく、言語や世代を超え、これからの音楽シーンに新たな希望を見出す。
 
radiko.jp 今すぐ聴く お得な特典満載のウェブメンバーズに登録しませんか?ご登録はこちら